1928年創業の老舗マリンブランド 『le glzik 』の紹介

1928年創業の老舗マリンブランド 『le glzik 』の紹介

お晩です。

 

初めに、明日は店休日ですのでお間違いなく。

いやー久々に何もないOFF日。

とりあえず帰り道にツタヤに寄って帰ろうかなと思います。

 

西川です。

 

明日は自宅の掃除してゆっくりしようかなと思っています。

何も予定のない休みはマジで2ヶ月ぶり位なんで全力でまったりしようかなと思います。

 

さて、そんな休み前のウキウキな本日。

本日の紹介はこちら

90’s le glazik work jacket

 

1928年創業の老舗ブランドle glzik。

当時マリンウェアというのは、漁師たちの妻がそれぞれ夫のために手作りしていました。

それまでは、決して商品としてなりえなかった漁師の服を、大衆に広めることを提案したのが

フランス・ブルターニュ地方の港町で誕生したマリンウェアブランドle glzikでした。

天然素材にこだわったアイテムが多くこちらもコットン100の物となっております。

 

マリンブランドらしく

こちらのアイテムも括りでいうとワークジャケットぽいのですが

ドコかヌケ感のある遊びの効いた1枚となっております。

 

ジップのムシはプラスチック製(海上での海水に依るサビ防止)でジッパー自体もミリタリウェアー並みの通常より大きい物を使用しています。

というのもマイティーマックのような特徴的なT字タロンのようにマリンブランドの特徴として(特にヨットパーカーなんかに多いです)手袋をした状態でも

衣類の着脱が楽なようにジップは大きな物を使われてることが多いです。

これに関してはデザインだと思いますがこういう小さい遊び心にくすぐられます。

 

このサイズの衣類に対して大きめなポケットは恐らくデザインかな笑

まぁスラッシュポケットのように手を入れるのには向いていませんが

ちょっとした物を入れるには便利かなって思います。

 

フルジップで首元まで風を防げる感じ

個人的にはジャージが好きなんもありますがフルジップで着てもらいたいなと思います。

 

最近やとB◯AMSやA◯ROWSなんかの大手セレクトでもインポート物で取り扱ってて

割と好きな人は周知してるのかなって思います。

 

色味も爽やかで(やや癖は強い色ですが)、またライトオンスと秋口や春先はアウターに

冬は重ね着の差し色にと使いやすいかなと思います。

 

さて冒頭でも触れましたが明日は定休日。

ゆっくり羽を伸ばしてこようと思います!!

 

それでは皆様また木曜日!!

 

大阪府大阪市中央区南久宝寺町4-4-1クリエ本町ビル3F

VOLAR

TEL 06-6226-7591

・Facebook

・Instagram

・Twitter

WEBSTORE